男性型脱毛症(AGA:androgenic alopecia)|さぎのみや皮膚科クリニック 鷺ノ宮 下井草 中村橋 都立家政 ニキビ アトピー性皮膚炎 レーザー脱毛 しみ・しわ治療

鷺ノ宮 中村橋 皮膚科 小児皮膚科 美容皮膚科 さぎのみや皮膚科クリニック

鷺ノ宮 中村橋 皮膚科のさぎのみや皮膚科クリニックの電話番号は03-5327-3013です。

男性型脱毛症(AGA:androgenic alopecia)

男性型脱毛症になりやすい人とは?

男性型脱毛症とはアンドロゲン性脱毛症(AGA:androgenic alopecia)とも言われ、最近ではテレビのCMでも放送されているので、耳にした人も多いことだと思います。症状は思春期以降にだんだんと脱毛が進行していきますが、その抜け方にはパターンがあり前頭部から軟毛化がみられ、前額部の生え際が後退していくM型と、頭頂部から軟毛化がみられ、毛髪が脱落していくO型があり、それらが単独あるいは同時にみられます。

ところで、男性では頭髪に関して10、20歳代の頃と比べて、30、40歳代になると、程度には差があるにしろ、多少はこのような症状を感じていらっしゃる人も多いのではないでしょうか。実際AGAの人は全国で約1260万人、そのうち気にかけている人は約800万人、何らかのケアを行ったことのある人は約650万人といわれています(板見 智:日本醫事新報2004; No.4209: 27-29より )。

では、どのような人が男性型脱毛症になりやすいのでしょうか。いくつかの原因がわかっていますが、最も重要なものは遺伝的要因です。まだまだほんの一部しかわかっていませんが、性染色体であるX染色体上や常染色体上にもいくつかの疾患関連遺伝子がみつかっています。

また、もう一つ重要な原因として男性ホルモン、その中でも特にジヒドロテストステロン(DHT)が指摘されています。もともと正常な毛髪はヘアサイクルと言われる規則正しい周期をもって脱毛と発毛を繰り返しています。


DHTが毛髪の根本の毛包という部分に作用すると、毛髪の成長期の短縮、休止期毛の増加や毛の軟毛化が起こり、最終的に脱毛を引き起こします。この男性ホルモンのバランスや濃度も遺伝によるところが多く、結局は遺伝的要因が重要であることになります。また、その他として日常的食生活や喫煙、精神的ストレスといった環境的因子の関与も考えられています。

市販の外用薬は効果あるの?

育毛剤、発毛剤といわれるものはTVのCMでも放送され、ドラッグストアに行けば、たくさんの種類が並べられて、どれを買おうか迷うかたも多いのではないでしょうか。そもそも本当に効果はあるのか疑問に思っている人もいるかもしれません。

これらの製品に含まれている成分としては、毛包周辺の環境整備、頭皮の清潔を目標とした抗炎症、抗菌、抗真菌、局所の清潔、かゆみ止めなどの作用を持つ薬物(ジンクピリチオン、グリチルリチン、塩酸ジフェンヒドラミン、ピロクトンなど)や毛包周囲の血行促進を図る薬物(塩化カルプロニウム、センブリエキス、ビタミンEなど)や毛包への栄養補給を目指した薬物(ペンタデカン酸グリセリドなど)が色々な組み合わせで含有されています。

ところで、これらの製品が毛包に直接的に作用して、毛髪を太くして、長い毛髪を増やす作用があるかどうかの証拠は実際には示されていないものがほとんどです。ただ、最近ではいくつかの薬物はその作用機序や臨床効果が詳細に公表されています。ミノキシジル、アデノシン、t-フラバノン、サイトプリン、ペンタデカン、塩化カルプロニウム、ケトコナゾールなどがこれに含まれます。この中でもミノキシジルは濃度別に有効率を調べた大規模臨床試験も行われており、発毛効果が認められています。
これらの製品のほとんどは医薬部外品として薬局で処方箋なしに購入できますが、ミノキシジルは第1類医薬品に指定されているため、購入の際、薬剤師から説明を受ける必要があります。国内で販売されているものでは、男性用が5%以下、女性用が1%以下となっています。

当院の男性型脱毛症の治療について

まずはじめに、AGA自体が毛髪の生理的変化によるもの、つまり個人の体質であり、疾患とはみなされていないために治療に対して保険が適応されないものがほとんどであることに注意する必要があります。
ここで、日本皮膚科学会の男性型・女性型脱毛症ガイドライン(2017年度版)における治療の推奨度を掲載します。

これを見るとB以上の治療として推奨されるものとして、男性のAGAではフィナステリド、デュタステリドの内服、ミノキシジルの外用、LED・低出力レーザーの照射、アデノシン外用、植毛術が、女性型脱毛症ではミノキシジル外用とLED・低出力レーザーの照射のみ相当します。特に男性ホルモン阻害薬である内服療法は男性のAGAでは最も推奨されますが、女性型では禁忌とされています。

当院ではAGAの治療として、以下のメニューを組み合わせて行っております。

● フィナステリド、デュタステリドの内服療法(プロペシア錠、ザガーロカプセル)
● 高濃度ミノキシジルの外用(デュアルゲン15(15%)、リボゲイン(3%))
● 塩化カルプロニウムの外用(フロジン外用液(保険適応あり))
● フラクショナル・レーザーの照射療法(レーザー育毛=モザイク・ヘアセラピー)
● LED照射機器(アデランス社のN-LEDシリーズ)

ここでは、もう少し詳しくそれぞれについて説明していきます。

① 男性ホルモン阻害薬の内服療法

内服療法はガイドラインでも推奨度Aとされている治療であり、トライしてみるべき治療と思われます。

AGAの発症にはQ1で述べたように男性ホルモン、その中でも特にDHTが関わっています。
DHTはテストステロンという男性ホルモンに5α-リダクターゼI型5α-リダクターゼII型という物質が作用して生成されますが、このこれらの物質の作用を阻害する薬剤がAGAの治療に適応となります。

プロペシア錠・フィナステリド錠

男性型脱毛症の原因の1つに男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が関与していることが証明されており、毛髪の成長を妨げています。

このDHTの産生を抑制し、抜け毛、薄毛の進行を抑える効果のある内服薬が「プロペシア錠」です。1日1錠内服します。

また、「プロペシア錠」の後発品である「フィナステリド錠」も取り扱っています。

ザガーロカプセル(デュタステリドカプセル)

上記のプロペシア錠と同様に、男性ホルモンのDHTの産生を抑制しますが、プロペシア錠が5α還元酵素Ⅱ型のみを阻害するのに対して、デュタステリドカプセルは5α還元酵素Ⅰ型とⅡ型の両方を阻害するため、さらに強力にDHTの産生を抑制します。
1日1カプセルを内服します。

また、「ザガーロカプセル」の後発品である「デュタステリドカプセル」も取り扱っています。

② 外用療法

当院では外用療法としてガイドラインでも推奨度Aであるミノキシジル外用薬を処方しております。男性のAGAには15%の高濃度製剤である「デュアルゲン15」を、女性型脱毛症には3%製剤の「リボゲイン」を取り扱っています。ミノキシジル含有製剤は市販でも購入可能ですが、男性用は5%、女性用は1%以下の製剤のみとなっています。
これらの外用薬と内服薬を併用することは、作用機序が異なるために相乗効果が期待できると思われます。
また、その他の外用薬で塩化カルプロニウム「フロジン外用液」保険適応となっています。

ディアルゲン15(Dualgen-15 NO PG)

外用剤として米国FDAに認可されている発毛成分ミノキシジル15%と高濃度で配合された「デュアルゲン15」を処方しています。(国内で販売されている「リアップX5」はミノキシジル5%の製剤です。)

また、ミノキシジルに加え、前述の男性ホルモンDHTをブロックするアゼライン酸や、レチノールカフェインなどの有効成分も含まれています。

通常、1日1回の外用で効果が期待できます。1本で2ヶ月間使用できます

③ モザイク・ヘアセラピー

モザイクはエルビウムグラス・フラクショナルレーザーという極小のレーザービームを無数に皮膚の真皮内に照射する装置で、顔面の肌の若返り(リジュビネーション)に用いられる機器ですが、ヘアモードを搭載しており、頭皮に照射することで毛髪にはダメージを与えることなく頭皮の毛包の細胞に効果的に作用させることができます。
男性AGAだけでなく、女性型脱毛症、円形脱毛症にも適応があります。
「モザイク・ヘアセラピー」についてより詳しい説明はこちらのページをご覧ください。

④LED照射機器

LEDは「発光ダイオード」のことで純度の高い光を発する装置です。波長の違いにより様々な色の光を発することができますが、特に赤色LEDは頭皮に照射すると毛乳頭細胞を刺激して、育毛に関わる成長因子が誘導され毛髪の成長を促進すると考えられています。
当院ではアデランス社が提供する、頭皮装着型の「N-LED FLEX」と、ヘアドライヤー「N-LED Sonic」を取り扱っています。ご希望の方は受付にお申し出ください。(※これらの商品は御注文後にお取り寄せとなります。)

費用について

施術内容 料金(税込)
自費初診料 3,300円
自費再診料 1,100円
AGA
プロペシア1mg 28日分 8,800円
フィナステリド錠1mg28日分 7,060円
ザガーロカプセル0.5mg 30日分 11,550円
デュタステリドカプセル0.5mg 30日分 9,570円
デュアルゲン15 60ml(2ヶ月分) 13,200円
モザイク・ヘアセラピー(価格は1回の施術についての値段です。)
5回目まで 6回目以降 5回セット
頭皮気になる部位 11,000円 9,350円 49,500円
LED照射機器(これらの商品は注文後にお取り寄せとなります。)
N-LED FLEX(頭皮装着型) 59,400円
N-LED Sonic(ヘアドライヤー) 40,700円

※表示はすべて税込価格です。
※当院では自費診療においてクレジットカードのご利用に対応しております。

  • インターネットでの自動受付・順番確認のご案内
診療科目
保険診療
一般皮膚科
小児皮膚科
皮膚小手術
自由診療
美容皮膚科
その他の自由診療
費用について
症例写真