お顔のたるみ改善/リフトアップ|さぎのみや皮膚科クリニック 鷺ノ宮 下井草 中村橋 都立家政 ニキビ アトピー性皮膚炎 レーザー脱毛 しみ・しわ治療

鷺ノ宮 中村橋 皮膚科 小児皮膚科 美容皮膚科 さぎのみや皮膚科クリニック

鷺ノ宮 中村橋 皮膚科のさぎのみや皮膚科クリニックの電話番号は03-5327-3013です。

お顔のたるみ改善/リフトアップ

顔面の「しわ」や「たるみ」は年齢を重ねるにつれて誰もが避けては通れないものですが、その成因や要因にはいくつかの種類があり、お顔の部位によっても異なってきます。

ここでは、主に頬やフェイスライン、口周りや顎、目周りのたるみについて説明します。

”しわ”や”たるみ”の発生メカニズム

「しわ」と「たるみ」は連動して生じるため、合わせて説明します。
「しわ」や「たるみ」ができる要因として、次の2つが重要です。

  • ① 皮膚そのものの加齢や紫外線や乾燥による変化(組織的要因)
  • ② 皮膚の折曲げや収縮、伸展の繰り返しによる変化(物理的要因)

①は、誰にでも起こりうる退行性変化であり、皮膚や皮下組織、筋肉、靭帯、骨などの変性、拘縮などによる機能低下があげられます。特に、真皮層の膠原線維(コラーゲン)の不均一化、弾性線維(エラスチン)の変性、真皮の細胞間基質の変化、皮下脂肪織の減少、腱膜や靭帯の機能不全、骨の萎縮などが関わってきます。

特に、真皮層の膠原線維と弾性線維は皮膚のハリと弾力性の保持を担っているため、これらの機能の衰えや真皮細胞間基質の変化などは、しわたるみの形成に直結します。

また、顔面骨格と皮膚軟部組織とをつなぎ止める支持靭帯が緩んでくると、皮下脂肪組織のパーツ(脂肪体:fat pad)が下垂するため、たるみが生じます。

また、皮下脂肪織や顔面骨格の萎縮により余剰となった皮膚はたるみとなります。
たるみが生じると、皮膚がよれた部位にしわが形成されます。

②は、基本的によく動く部位を中心として発生します。特に、目周りにおける眼瞼の開閉や、眉毛の運動、口、顎の動きに関わる表情筋の収縮や拘縮が関わってきます。

その他、重力による下方向への力も関わってきます。

当院での「たるみ改善・リフトアップ」に対する治療について

基本的に真皮層や皮下組織に熱エネルギーを送り込んで、線維を収縮、増成させたり、再構築を促進させる施術や、減少・萎縮した組織を充填する薬剤や、脂肪組織を融解させる薬剤などが適応となります。

なお、「しわ」の改善については「加齢や表情によるしわの治療」のページをご覧ください。

お顔のたるみ改善・リフトアップ

■ 超音波によって、熱エネルギーを皮膚内部の皮下組織や筋膜に与えることにより、組織の変性をおこすことで線維成分の収縮、増殖を促し、お顔のリフトアップやたるみ、しわの改善、部分的な引き締めを行う施術です。

■ 高周波(RF)照射によって、熱エネルギーを皮膚内部の真皮層に与えることにより、真皮線維成分の収縮、増成、活性化、再構築を促進することで、お顔のリフトアップやたるみ、しわの改善、引き締めを行います。さらに表皮内フラクショナルRF照射によるアブレーションも行います。

■ 先端のチップに極細の針が多数装置されたペン型デバイスを使って皮膚に無数の小孔を開けることで、創傷治療過程による皮膚の活性化、再構築を促進します。

■ エルビウム・フラクショナルレーザーによって、極小のレーザー光を高密度で照射し、表皮、真皮の活性化、再構築を促進します。

■ ヒアルロン酸を注入すすることで、減少した組織成分のボリュームアップや支持靭帯を補強し、フェイスラインのリフトアップ、しわや陥凹を目立たなくすることでお顔全体の若返りを図ります。

■ 薬液を皮下脂肪組織内に注入することで脂肪組織を分解して、肌を引き締めてお顔の輪郭を整え、フェイスラインをシャープにするものです。

  • インターネットでの自動受付・順番確認のご案内
診療科目
保険診療
一般皮膚科
小児皮膚科
皮膚小手術
自由診療
美容皮膚科
その他の自由診療
費用について
症例写真